適切な利益を得るために

男性講師

企業の利益を守る権利

社員の教育研修に知財セミナーを取り入れる企業が増えています。知財とは知的財産の略称で、企業活動において生み出された独自のアイデアやデザインを総称して言います。特許、著作権、商標権などが該当します。現金や不動産と異なり、これらは価値をつけることが難しい権利です。しかしノウハウや屋号を全く関係のない会社に真似されてしまうと、売上を奪われてしまうだけでなく、粗悪なコピー商品によって本来の商品の信頼をも失いかねません。国内だけでなく海外に市場を持つ企業にとっては特に気をつけておかなければならない権利です。知的財産を考案した企業の適切な利益を守るために、関連する法律や手続を学ぶ場が知財セミナーなのです。

自社の財産を再発見する

近年におけるコンテツン産業の発展も、知的財産が注目された要因となっています。知財セミナーは経済産業省が主導するものの他に、各地の商工会議所や社団法人が開催しています。知的財産とはどのようなものかといった初歩的な内容から、知財の基礎を踏まえた解説まで行っています。難解な法律用語もわかりやすく説明してくれるので、初心者でも理解できるでしょう。また、受講者のレベルに合わせているので、上級者は業務に関わる担当者向けの専門的な内容まで受けることができます。さらに、財産運用の実例を見せてくれるセミナーもあります。参加者は総務部や法務部の管理職に加えて、中小企業の経営者や一般社員も目立ちます。知財セミナーを受けることで社内の業務により関心を持つようになり、今まで気がついていなかった自社の知的財産を発見する機会にもなると好評です。