危険物を扱う資格

ヘルメットの作業員

就職や進学にも役立つ

危険物乙4とは、危険物取扱乙種の中の一つで引火する液体の管理や取り扱いが出来る資格になります。引火する液体というのは、主にエタノールや灯油、ガソリンなどのことでこれらの液体を扱う職場には資格取得者が居て安全を守っています。ガソリンスタンドは特に一般的な就職先で、その他にはビルの管理業務や工場で管理する仕事などがあります。危険物乙4の資格があると、職場での信頼感も高まり責任のある仕事を任されやすいなどのメリットがあります。その他にも、危険物を扱う資格の中でも最もレベルが高いとされる危険物取扱者甲種の資格も取りやすくなるので、就職や進学に役立つというメリットの多い資格の一つであると言えるでしょう。

徹底的に知識を身につける

危険物取扱の資格は、基本的にレベルが高いものが多く全体で合格率は3割ほどと低めになっています。危険物取扱の中でも最も人気なのが危険物乙4になりますが、国家資格としては難易度は高くないものの合格率も高くありません。その理由の一つに、働きながら学び資格取得する人が多いという点です。危険物乙4は、働きながらでも資格取得は可能ですが徹底的に知識を身につけていける環境が必要になります。短期間で集中して取り組めるような講座を受けることで、効率よく勉強することが可能です。通信講座であれば、働きながらでも勉強しやすく自分の時間を自由に使って学ぶことが出来るので良いと言われています。中でも、教科書の他にDVDなどの教材がついているなどわかりやすい授業を提供する通信講座を選ぶと良いです。